腹腔鏡下手術関連情報

傷を目立たせないメリットのある腹腔鏡下手術

今の日本の医療の技術の進歩によって、女性患者さんに限定のですが、切開手術の後に残る傷や、手術後間もなくしてからの痛みの軽減などが可能になりました。
従来の切開手術はよくテレビなどでも映像を見たことがあるとは思いますが、オペをする医師が自分の目と器具を使って切開をし、切開し終わった傷を縫って塞ぐといったものでしょう。
それに比べて腹腔鏡下手術は切開をして治療する部分を小さな傷穴で手術を行うためより後に残る傷が極小にまで抑えられるといったメリットと、お腹に刺激などがあまり無い炭酸ガスを注入することによって、痛みを限りなく抑えることができるといったメリットが実現できました。
 ところで腹腔鏡下手術とは医師が専用器具の腹腔鏡といわれる内視鏡を使ってお腹の中に管を通して内視鏡を挿入して穴をあけて、モニターに映る子宮などの治療を行うための施術のことをいいます。
なので特に身体の傷などを気にする女性には最も支持の高い手術の方法だと思われます。

Copyright(c) 腹腔鏡下手術 . All Rights Reserved.