腹腔鏡下手術関連情報

腹腔鏡下手術の手術についての体験談

今回紹介するのは腹腔鏡下手術についてです。
私自身が、医療従事者であり外科手術に入るケースもあるため、この手術に関わった経験があります。
その私の経験の話をしていきたいと思っております。
実際に、以前の外科手術は開腹つまり完全にお腹を開いて、手術をすることが多かったです。
そのため、手術後しばらく安静にしておく必要がありました。
しかし、現代の腹腔鏡下手術では必要最小限の穴を数カ所開けてそこから筒のようなものを入れ、その筒の中にデバイスを入れて治療をします。
最小限の穴しか開けないため、手術の内容にもよりますが翌日から軽く歩けるようになれます。
手術というと大きな傷跡が残るようなイメージが強いと思いますが、こちらの手術ではあまり目立った傷跡は残らないと思います。
実際に術後の患者や私の親も同じ手術を受けて傷跡を見たことがありますが特に目立たっていなかったです。
皆さまの中で、どういった手術なのかわからないと思われる人がいると思いますので、医師や看護師等の医療従事者に聞いてみてもらうと安心して手術を受けられます。

Copyright(c) 腹腔鏡下手術 . All Rights Reserved.